2016年09月02日

農と農園への想い 2016/8/3農業共済新聞記事

前にご縁のあった農業共済新聞さんから依頼いただき、原稿を書かせていただきました。「むすび農園」について最近感じていることを、自分なりにまとまって書けたので掲載させていただきます☆ 

「私の生きる喜びは農にある」ということを強く実感したのは、原発事故後に茨城県から長野県へ農園を移転するため、畑から離れていた1年間でした。土に触れたい。野菜が日に日に大きくなっていくのをみたい。熱いお風呂に入り、今日もよく働いたなあと布団に入りたい。
 地球環境や社会のあり方に疑問を持ち、農を切り口としてよりよい社会作りをしたいと始めた百姓暮らしですが、今や私にとって農は生きる喜びそのものであるんだなあ、と改めて感じました。
 松本市に来てからは早朝の収穫から出荷、農作業までのボランティアの方に「縁農(えんのう)」で支えていただいています。今では20名ほどのメンバーがいます。「子供を畑で転がせながら育てたい」と思ってきた私ですが、同じように感じている方も多く、畑で子供たちがハイハイしたりキュウリをかじったりする傍ら、母たちは草取りをしながらおしゃべりに花を咲かせています。
 いつでも子連れで行ける場があって、子育てや食べ物などいろんな話ができる仲間がいる。この安心感は生きていくうえでとても大切なことだなあと実感しています。畑が中心にあることで、体を動かして働く喜び、いのちをはぐくみいただく喜び、自然のリズムと共に暮らす喜び、そんな誰もが本能的に求めている生きる喜びが広がっていくように思います。
 出荷しない野菜を皆さんと分けているのですが、台所は別でも、誰もがニンジンばっかり食べている時期があったり、季節折々の保存食をつくっていたり。「共同自給」のような感覚の面白さも最近は感じています。
 今年に入ってはじめたのは「畑のこどもプログラム」です。できるだけ子供たちの力でたき火を起こし、ご飯を炊いてみそ汁やカレーを作ります。子供たちが畑から野菜を収穫して青空の下でお料理をする傍ら、大人は農作業。お昼に一緒に味わうご飯のおいしいこと。どんな環境でも生きていける、そんな生きる力のある子供たちを、みんなで一緒に育てていきたいと願っています。
 この「こどもプログラム」を企画してくれているのも、子供と野外活動が好きなボランティアのお母さん。私一人ではできないことも、いろんな方が関わってくださることで広がっていきます。
 メンバーのアイデアで、しょうゆづくり、農園の野菜を使った一日カフェ、ニホンミツバチの巣箱設置などにも挑戦しています。
 一人の夢からみんなの夢へ。関わってくださる方が自分らしく輝き、畑から元気がひろがっていくような、そんな参加型の農園でありたいと願っています。
 (阪本瑞恵 長野県松本市、野菜、むすび農園)2016/8/3 農業共済新聞
posted by むすび農園 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

原田家の晩ごはん☆8月

ある日のむすび野菜セットを使って晩ご飯をつくってもらう新企画!
野菜本来の味を生かした美味しい料理をつくる、原田ななちゃんのレシピをどうぞ〜。

今日の野菜セット(2016/7/26)はこちら!
IMGP3582-s.jpg

枝豆、小松菜、モロッコインゲン、トマト(大玉、中玉、ミニ、マイクロ)、青ナス、ナス、ピーマン、新じゃが、ベビー人参、ズッキーニ、小葱、きゅうり、バジル、シソ、イタリアンパセリの15種類です☆

IMGP3599.jpg
【じゃがボール】じゃがいも3つ、茹でてつぶす。溶けるチーズをひとつかみと塩・胡椒、片栗粉大さじ2、パセリのみじん切りを入れてよく混ぜる。コロコロちいさく丸めて油をしいたフライパンで焼く。お弁当やおつまみに。

IMGP3586.jpg
【ナスの焼き浸し】ナスはへたを取って縦に10本くらい深さ5mmくらいの切り込みを入れる。フライパンに油を熱しナスが軟らかくなるまで転がして焼く。ナスがかぶる位の昆布と鰹のだし汁を醤油・みりんで調味し、ナスを入れて20分程煮込む。自然に冷まして味を染み込ませる。

【ピーマンのかつおぶし和え】ピーマンの種を取ってざくざくと大き目に切る。かつおぶしとしょう油で和えて、冷蔵庫で冷やしてから食べる。ピーマンが山盛り食べられます。

IMGP3596.jpg
【紫蘇味噌】青紫蘇をたっぷり千切りにする。小鍋を用意し味噌をみりんでゆるめ、青紫蘇、白胡麻を入れて火にかけて練り、アルコールを飛ばす。焼きおにぎりや冷ややっこ、生きゅうりなどにつけて食べる。
【蒸し青茄子】好みで皮をむき青茄子を蒸す。厚めの輪切りにし、からし醤油、生姜醤油などで食べる。

IMGP3590.jpg
【ラタトゥイユ】ズッキーニ、ナス、ピーマン、トマトは大きめの角切り、玉ねぎは少し小さめの角切り、にんにくはスライスする。少し多めのオリーブオイルでにんにく、玉ねぎをよく炒めてからズッキーニ、ナスを加え、軽く塩をして更に炒める。半分くらい火が通ったところでトマトとローリエを入れ、ふたをして煮込む。ピーマンは後から加えた方が色が良い。塩で味を調え、好みでバジルやオレガノを加える。味が決まらない時はウスターソースとケチャップを少量ずつ入れても良い。夕方作って冷蔵庫で一晩冷やし、翌日のお昼に。西洋おじや、ドリア、少し味を濃いめにつけて冷たいパスタ(粉チーズなどトッピング)。まとめて2〜3日分作ります夏の常備菜。

IMGP3588.jpg
【夏野菜のサラダ】きゅうり、トマト、玉ねぎ、アボガドを角切りにする。玉ねぎはさっと茹でる。いんげんは3センチくらいに切って茹でる。みじん切りの玉ねぎも少量用意。すべて合わせて塩・こしょう・オリーブオイル・酢で調味する。醤油を入れても良い。イカやタコを入れても美味しい。二日分くらいまとめて作って山盛り食べる。

IMGP3583s.jpg
【お豆腐カプレーゼ】軽く水を切った絹ごし豆腐と、トマトをスライスして交互に重ね、バジルをちらして塩・黒胡椒・オリーブオイルで調味する。簡単一品。

IMGP3595.jpg
【ずんだ餅】枝豆を茹でて粒を出し、すりこぎでつぶして(フードプロセッサーでも良い)砂糖と塩少々で調味する。白玉粉に絹ごし豆腐を加え、耳たぶくらいの柔らかさになるように練る。(粒々が残らないくらい練ればOK)絹ごし豆腐を入れ過ぎると後で調整が難しいので豆腐は様子を見ながら加えて下さい。生地を小さく丸めて軽くつぶし、湯を沸かして茹でる。火が通れば浮いてくるのですくい網ですくって冷水に放ち団子を冷ます。団子の水を切ってずんだを和えて食べる。少量の枝豆でも結構楽しめましたよ!

IMGP3503s.jpg
原田奈々(はらだ・なな) 宮城県出身1980年生まれ。学生時代に野良仕事の気持ちよさに目覚め、自給的な仕事の在り方や暮らし方を求めて2003年より茨城県にある有機農場にて研修、2010年までスタッフとして勤務。その後槍ヶ岳の山小屋バイトを機に松本に移住。出産までは保育園の給食のオバチャンをしていましたが現在は6カ月の娘とのんびり過ごしています。夫と一緒にむすび農園にお手伝いに行くことも♪。むすび農園の阪本さんご夫婦は茨城時代の友人ですが松本で奇跡の再会!!本当に嬉しいです♪♪

その他のレシピは http://oishiimusubiyasai.seesaa.net/ もどうぞ!(瑞恵)
posted by むすび農園 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農家レシピ、食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

最近のむすび野菜セット(7月26日)


IMGP3582-s.jpg

枝豆、小松菜、モロッコインゲン、トマト(大玉、中玉、ミニ、マイクロ)、青ナス、ナス、ピーマン、新じゃが、ベビー人参、ズッキーニ、小葱、きゅうり、バジル、シソ、イタリアンパセリの15種類です☆

トマトや夏野菜の美味しい季節になってきました〜☆
単発でもご注文いただけますので、お気軽にご連絡ください。
http://musubifarm.org/yasai3.html
posted by むすび農園 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園お知らせ(縁農・販売) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

原田家の晩ごはん☆7月

ある日のむすび野菜セットを使って晩ご飯をつくってもらう新企画!
野菜本来の味を生かした美味しい料理をつくる、原田ななちゃんのレシピをどうぞ〜。

今日の野菜セット(2016/6/24)はこちら!
IMGP3511-2.jpg

ステイックセニョール、グリーンピース、スナップえんどう、玉ねぎ&赤玉ねぎ、にんじん、大根、ズッキーニ、カブ、ラディッシュ、ロメインレタス、小松菜、水菜、小葱、フレッシュにんにくの14種類!おまけでケールも入ります。

IMGP3515.jpg
【玉ねぎステーキ】玉ねぎは軸をくり抜いて、1センチの輪切りにする。フライパンに油を熱し、美味しそうな焦げ目がつくまで両面焼く。(油が多い場合はキッチンペーパーでフライパンの油を拭き取る)同量の醤油・みりんで味付け。玉ねぎを焼く時ににんにくを入れても良いです。

IMGP3513.jpg
【大根餅】大根を15センチくらいすりおろす。上新粉をカップ1/2杯くらい、片栗粉スプーン山盛り2杯、干し海老ひとつかみ、白胡麻、小葱のみじん切り適宜、塩少々をすべて混ぜ合わせる。フライパンを熱し、小さめの丸型にして焼く。タレは酢醤油(ラー油)、からし醤油など、お好みでどうぞ。生地は少し固めくらいが形がまとまりやすいです。

IMGP3519s.jpg
【小松菜と厚揚げの炒め煮】厚揚げは熱湯をかけて油抜きしコロコロと切る。小松菜は3センチくらいに切る。(小松菜が大きめの時は短めに切ると良い)鍋にごま油を熱し、厚揚げを炒めてから小松菜も炒める。酒・しょうゆ・みりんで味を調える。味付けは気分によって、豆板醤を足して辛くしたり、みりんを入れずに出汁で煮たり、にんにく・酒・醤油・オイスターソースで中華風にしたりといろいろです。油揚げでも良いです。

IMGP3521s.jpg
【根菜サラダ】スナップエンドウは筋を取り、かぶ・二十日大根はくし型、人参は千切り、スティックブロッコリーは食べやすい大きさに切り、それぞれ茹でてから合わせ、ドレッシングで和える。ズッキーニは生でも食べられる。入れる場合は薄く切ると良い。原田家の定番ドレッシングは玉ねぎとにんにくのすりおろし、菜種油、醤油、酢、塩・胡椒(砂糖)で作ります。

IMGP3518.jpg
【グリンピースごはん】グリンピースはさやから出す。米2合を研いで、酒少々と塩小さじ1、昆布10センチ、グリンピースのさやを入れて普通に炊く。グリンピースは少量の湯で固めに塩茹でし、そのまま湯につけて冷ます。米が炊きあがったらさやを取り出しグリンピースを入れて混ぜる。豆が甘くて美味しいです。こだわる方は豆の茹で汁も米を炊く時に入れると風味が増すかも!

IMGP3525s.jpg
【ズッキーニのマリネ】1センチ弱の厚みに切ったズッキーニをオリーブオイルで焼く。塩・胡椒・白ワインビネガー(酢)をふって、しばらく寝かせる。冷やして食べる。

IMGP3523s.jpg
【水菜の梅おかか和え】水菜は茹でて3センチくらいに切る。梅干しを刻んだもの、おかか、醤油少々と水菜を和える。

※ロメインレタス→根菜を入れたコンソメスープに、最後にざく切りのロメインレタスを加えたらシャキシャキ感が残って美味しかったですよー! 

IMGP3503s.jpg
原田奈々(はらだ・なな) 宮城県出身1980年生まれ。学生時代に野良仕事の気持ちよさに目覚め、自給的な仕事の在り方や暮らし方を求めて2003年より茨城県にある有機農場にて研修、2010年までスタッフとして勤務。その後槍ヶ岳の山小屋バイトを機に松本に移住。出産までは保育園の給食のオバチャンをしていましたが現在は6カ月の娘とのんびり過ごしています。夫と一緒にむすび農園にお手伝いに行くことも♪。むすび農園の阪本さんご夫婦は茨城時代の友人ですが松本で奇跡の再会!!本当に嬉しいです♪♪

その他のレシピは http://oishiimusubiyasai.seesaa.net/ もどうぞ!(瑞恵)
posted by むすび農園 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田畑は今・縁農報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

野菜を収穫してたき火でご飯を作ろう!!〜むすび農園こどもクラブが始まりました〜

大人が農作業にいそしんでいる畑で、小さい子どもたちの力でお昼ごはんを作りましたよ〜!!

まずは野菜と飯盒の絵が描いたカードを一枚ずつ引いて、仕事を分担。
何だか、いつもとちょっと違うノリにワクワク気味な子どもたち・・・
かぶ、小松菜、大根、にんじん、スナップえんどう、グリーンピース
・・・お味噌汁の具はぜ〜んぶ畑から採ってきて、お米も自分たちで研いで(←もちろん農園のお米ネ)、火おこしして、畑で調理!

小さくたって、なかなかの包丁さばきです。
P6260045.JPG

2歳だって挑戦。何でもやりたいお年頃・・・??
何しろ、僕らががんばらないと、今日のお昼ご飯はありませんからネ〜。(たった今自分で抜いてきた小松菜を、包丁で切っているところ。↓)
P6260032.JPG
米とぎも、野菜切りも、できるだけ子どもたちの手でがんばりました。
P6260104.JPG
↑一人ずつ引いたカードを手に、絵の野菜を収穫しに行き、洗って切って・・・または、お米を計って研ぎました、ってわけです。

この日は、高校生のともきくんがお手伝いに来てくれました。自然学校で鍛えられ、野外活動のことなら何でもお任せ🎵の彼が、火おこしの講義!
みんな、「次は自分がマッチ使いたい」のオーラむんむんで、ともきくんの手元にくぎ付けです。
P6260034.JPG
この後、「やりたいやりたい!」意欲満々の子どもたちが、交代でマッチの火つけに挑戦。マッチをだいぶん使ってようやく火がつき、みんなうれしいうれしい。

ご飯とみそ汁が火にかけられると、ちょっと一息。

おやつにきゅうりを採りに行ったり・・・
P6260039.JPG

ズッキーニを収穫してきて、フライパンで調理。
P6260046.JPG
P6260068.JPG

作業中の大人さん方にも、おすそ分け〜。「おいしい〜」って言ってもらえてうれしそう。
ちなみに、みんなに配ってくれた彼女は、空っぽになってから自分が食べるのを忘れちゃったことに気づいたとか。笑 いい性格してるねえ。
P6260050.JPG

ちなみに今日は、サツマイモの草取り↓やら、
P6260052.JPG
ニンニクの収穫↓やらをしていたみたいです!
P6260071.JPG
ほら、私もニンニク採れたよ〜!!↓(後ろのボクは、にんじんのおやつ中🎵)
P6260073.JPG

P6260051.JPG
あれ?私たちは何してるの〜??焚火のお料理も最高だけど、泥んこのお料理はやっぱり楽しい!
ちなみに、はい。この後、泥んこ料理人の彼女にカメラをご所望されまして、撮った写真がこれ↓ 
土に醸されてなかなかいい足をしてますなあ。つい、載せちゃいました。
P6260067.JPG

こちらは調理の仕上げ。
味つけは小学2年生の彼がやってくれました。
P6260070.JPG

そして、ついにご飯も炊けた〜。野菜コンテナをテーブルに、いただきます!!
P6260083.JPG
自分たちで作ったご飯は、おいしいね〜。
P6260081.JPG
P6260089.JPG

お箸を忘れた子は、ちょうどいい枝を探してきて、代用!
そんな工夫が楽しいのも、野外調理の醍醐味ですね。めぐちゃん、使い心地はどうだったかな〜??
P6260078.JPG

えーーと、君・・・何杯目だったかな。。。ごはん6杯目っていうウワサがあるけど。お腹大丈夫でしょうか。笑 よっぽどおいしかったんだよね。
P6260086.JPG

P6260093.JPG
あ!なんかいいことやってる〜。焼きおにぎりだ!
(後ろに6杯食べた彼も写ってるけど、まだ食べるんでしょうか)

食事の後のお楽しみは・・・そう!デザート。
P6260097.JPG
大人も子どももワサワサと何を採ってるんでしょうか。
P6260101.JPG
桑の実!ちょうど食べ頃だったんです。このあたりでは、ドドメって呼ぶそうです。

は〜い!この度発足いたしました、「むすび農園こどもクラブ」第1回目の活動報告でした〜〜〜。
これからも、主に小さな子どもたちを対象に、農園ならではの野外活動をちょこちょこと展開していきたいと考えています!
次回は、七夕会の企画があります。お楽しみに〜
byたま
posted by むすび農園 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする