2016年12月05日

初冬の恒例!!落ち葉でヤッホー〜温床&腐葉土づくりのための落ち葉さらい〜

毎年時期になると恒例なのが、近くの山(中山霊園)での落ち葉さらい。
これが、寒さも吹き飛んじゃうほど楽しい作業なんですよ〜。

落ち葉は、来春にハウスに設置する苗の温床づくりに使うためのもの。1年たつとさらに熟成して腐葉土になり、育苗用の土として大活躍します。

o3.JPG
ひたすら落ち葉を掃き集めて袋に詰める大人たち。(軽トラで6往復分も落ち葉を袋詰めしました!!!)


o5.JPG
ぼくもお手伝い〜。

o1.JPG
落ち葉さらいといえばこれ!埋まってるだけで楽しい!!

o2.JPG
「う〜ん、芯まであったまるねえ」・・・まるで温泉にでも浸かっているような至福の表情がたまらず、思わずパチリ。
この格好のまま、何分もじっとしている彼でした・・・。
でも本当に落ち葉の中ってあったかいんですよね!

o6.JPG
「剣を作ったの?」「違う〜飾りだよ♡」

o7.JPG
こちらは、集めた落ち葉の袋を大きな積み木のようにして遊んでいます。
これは川なんだそうです。

o4.JPG
どんぐり拾ってるの〜!

o8.JPG
ランチタイム。

o9.JPG
ヤッホ〜🎵そり滑りもできちゃう!!

大人も子どもも楽しい落ち葉さらいの一日でした。(たま)
posted by むすび農園 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 田畑は今・縁農報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

2016年収穫祭!!11月26日

むすび農園の秋のイベント収穫祭!!1年間の収穫と人のつながりに感謝しつつ、むすび野菜とお米をみんなで料理して食べて、わいわい楽しく過ごす会です。野菜セットを食べてくださっている方とスタッフたち、総勢70名近くが阪本家に集まりました。
s11.JPG

朝からみんなでおしゃべ・・・いや、お料理で〜す!
s1.JPG
s14.JPG
s15.JPG
新米のおにぎり!

s2.JPG
子どもたちも楽しく遊んでいます。

同じ頃、外の様子です↓
s13.JPG
ほりさん手作りのロケットストーブでもち米を蒸して、
s3.JPG

s16.JPG
恒例の餅つき!赤ちゃん負ぶって杵をふるうのは、ブログ記事「原田家の食卓」でおなじみのななちゃんです。料理だけでなく各種農業機械もお手の物。トラクターまで乗りこなしちゃうパワフルななちゃんなのです、頼もしい。

s4.JPG
私もやりた〜い えー次ぼくだよ!! 順番ね〜

お料理が出来てきました!
s6.JPG
写真の隅では、「・・・・待ちきれないよぉ!」料理に熱い視線を送る子どもたちの姿が。
あれ、一人はすでにフライングしてぱくぱく食べているではないですか〜

s7.JPG
楽しい楽しいバイキング🎵
メニューは、時々やってる1品持ち寄り夕食会などで好評だったレシピが共有されたものも。野菜料理の腕が上がるのもむすび農園に参加する魅力の一つ、というスタッフの声もあります😃

s8.JPG
楽しい会食の後は、

もち米蒸しの残り火で焼いた焼き芋を食べて、
一芸タイム。
s10.JPG
↑今年からスタッフをしてくださっているやはぎさんによるパフォーマンス。農作業の様子を体で表現してくださいました。動画でないのが残念、とっても美しかったです。なんといっても、やはぎ夫妻の職業はプロダンサー。ちなみに、子どもたち向けにダンスのワークショップもしてくださっています。

s12.JPG
野菜を買ってくださっているKさん母子による弾き歌いもありました。かわいかった〜

最後に〇✖クイズ。今回はちょっと変わり種で、参加者から〇〇家のヒミツをクイズに出してもらいました。
農園の瑞恵さんの発案でしたが、これおもしろいですねー。「〇家で一番おならをするのはパパである!〇か✖か〜?」みたいな問題が出されていました。1等賞品はむすびの新米。

というわけで、お腹も心もいっぱいになって解散しました!
今年1年体と心を支えてくれたお米と野菜たち、むすび農園の阪本夫妻、た〜くさんのあったかい人のつながりに感謝。
今年の農作業も終盤戦です。
(たま)
posted by むすび農園 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

原田家の晩ごはん☆11月

ある日のむすび野菜セットを使って晩ご飯をつくってもらう新企画!
野菜本来の味を生かした美味しい料理をつくる、原田ななちゃんのレシピをどうぞ〜。
その他のレシピは http://oishiimusubiyasai.seesaa.net/ もどうぞ!(阪本瑞恵)
IMGP3748.jpg
■さつまいもと林檎の重ね煮:さつまいも中1本は皮をシマシマに剥いて、1センチ幅に輪切り(または半月切り)し、水に軽くさらす。林檎1個は銀杏切りにする。鍋(あれば琺瑯)に、さつまいも、林檎、干し葡萄の順に重ねて入れ、きび糖とシナモンをパラパラとふる。これを3回繰り返す。林檎から水分が出るので、ひたひたよりだいぶ少なめの水を入れ、蓋をして火が通るまで煮る。甘酸っぱいのが好きな方はレモン汁を入れて煮ても良い。
IMGP3747.jpg
■さつまいもごはん:さつまいも250gはサイコロに切って水にさらし灰汁抜き。米2カップは洗ってザルにあげる。塩小さじ1、醤油大さじ1/2、酒大さじ1と米を炊飯器に入れ、普通の水加減になるよう水を足して炊く。
IMGP3752.jpg
■シーザーサラダ:ドレッシングはヨーグルト、マヨネーズ、粉チーズ、塩、胡椒、にんにくのすりおろし少々(※入れ過ぎると大変)を混ぜて味を見ながら作る。ロメインレタスはざく切り、人参は千切り、赤水菜も千切りにして合わせる。しばらくボールの中で水に放ってから、水を切って皿に盛り、ドレッシングをそえる。
IMGP3751.jpg
■人参葉のきんぴら:にんじん葉をみじん切りにする。胡麻油で炒め、白胡麻を入れ、醤油とみりんで調味する。
IMGP3750.jpg
■お豆腐キッシュ:木綿豆腐を1回煮こぼして水抜きし、更にお皿で重しをして水を切って、フードプロセッサーでクリーム状にする。味噌、ヨーグルト、にんにく少々、人参すりおろし、人参葉みじん切り、まいたけ、蕪のスライス、塩、などを入れてフィリングを作る。キッシュ生地に流して上にお好みでピザチーズをトッピングしてオーブンで焼く。ヨーグルトを入れ過ぎると生地がゆるくてまとまりません。原田家は娘が卵アレルギーなので卵なしキッシュを模索中。キッシュ生地:小麦粉1カップ、オリーブオイル大さじ1と1/2、塩ひとつまみ、ゆるま湯大3、フードプロセッサーでゴゴゴと混ぜて、麺棒で延ばして型に詰め、フォークで底を刺してオーブンで焼きます。(200度10分程度)
017 (2).jpg
■青梗菜と豆腐のあんかけ:湯を少量沸かし、絹ごし豆腐をスプーンですくって入れる。煮立ったら青梗菜とかつお節を入れ、酒と醤油で調味し、少し煮てから水溶き片栗粉でとろみをつける。(娘の離乳食と同じ!笑)鶏がらスープとエビなど入れると中華風になります。
012 (2).jpg
■蕪とラディッシュの中華スープ:生姜、にんにくはみじん切りにする。鍋に菜種油を熱し、生姜とにんにくを炒め、香りが立ったら豚肉も入れて炒める。お肉の色が変わったら、蕪とラディッシュのスライスを入れて炒める。熱湯を注ぎ、塩・胡椒で調味する。軽く煮たら蕪の葉を入れ、色良く火が通れば完成。好みで柚子胡椒をスープに入れても美味しい。菜っぱは小松菜でも青梗菜でも。
IMGP3754.jpg
■油揚げのはさみ焼き:油揚げ(あれば栃尾揚げ)に横から包丁を入れて開くように切る。両面に薄く味噌を塗り、ネギの千切りとピザチーズをはさみ、サンドしてオーブントースターで表面が色づきカリッとするまで焼く。ダンナのおつまみ。  (2016/10/25の野菜セットを使用)
posted by むすび農園 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 農家レシピ、食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

芋ほり!自分たちで火をおこして焼き芋!畑探検&お芋のつるで遊んだよ!  −第4回こどもプログラムー10月30日

PA301240.JPG
10月30日(日)は”芋ほり・焼き芋&畑探検”。
第2回「新じゃがを掘って焚火でカレーを作ろう」、第3回「農園で育てた藍の葉でハンカチに叩き染めに挑戦」に続く企画です。
今回は地元の育児情報誌イクジイに掲載されたこともあり、初めて農園を訪れる方に多数ご参加いただくことができました。大人と子ども総勢60名を超え、大賑わいの日曜日でした!!

まずは親子で芋掘り。つるを刈り取ってマルチをはがすところから。
大人も子どもも夢中です。
PA301243.JPG

PA301255.JPG
芋ほりだけでもうすごい大興奮の子どもたち。向こうの北アルプスに声が届きそうなくらい、ワイワイにぎやかです。
PA301257.JPGPA301263.JPG

ここからは作業を続ける親御さんと、プログラムに参加する子どもたちに分かれます。
子どもたちはこれから焼き芋をするんですが、なんとマッチがない・・・→畑に隠されているらしい。。。
ということで、子どもたちはにんじんチーム、れたすチーム、さといもチームに分かれてそれぞれの野菜の中に隠れているマッチを探しに行きました。
↓畑を歩きまわってマッチを探すさといもチーム。(マッチを探す前に、サトイモを探すのにけっこう苦労した子どもたちでした。)
PA301264.JPG
↓何かを手に、猛ダッシュでかけてくる子。「マッチ見つけたよ!!」
PA301265.JPG

いよいよ火おこし。なかなか難しい・・・はずでしたが、交代でマッチを擦っているうちに、あれれ、もう火がついてる(笑)なかなか大人の筋書き通りにはいかないのが、子どもの活動の醍醐味・・・ね。
PA301272.JPG

PA301275.JPG
火が消えないようにみんな夢中で枝を投入。火は楽しいねえ。・・・って、ちょっと木を入れすぎのような(笑)。

PA301278.JPG
ついに芋を投入!

焼けるまで、みんなでサツマイモのつるで遊んでみました。
チーム対抗つる電車レース!よ〜い、ドン!
PA301283.JPG

↓2秒後。あれ〜〜がんばって繋げたつるが一瞬で崩壊。でもなんだかわからないが、みんな盛り上がってた!(笑)
PA301281.JPG

何を作ってるのかな?
PA301293.JPG

できた!縄跳びだよ〜
PA301294.JPG

あや跳びだってお手の物。
PA301292.JPG

いつの間にか僕も私も集まってきて、すぐ仲良しに。
PA301289.JPG


PA301290.JPG
綱引きだってできちゃうよ。

PA301314.JPG
何にもなくても、ただゴロゴロ転がったって楽しい!

PA301311.JPG
なぜか大人気の、ひっくり返った一輪車。何でもおもちゃになっちゃいます。

楽しく遊んでいたら、やっと芋が焼けたよ〜
PA301302.JPG
農作業で汗を流した親御さんたちも一緒に、おやつタイム🎵
おいしかったね!

規格外のお芋をお土産に。
PA301309.JPG

たくさんのご参加、ありがとうございました。
(たま)
posted by むすび農園 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

全粒粉うどん、じゃがいも、玉ねぎの販売のお知らせ


●「全粒粉うどん」、販売開始します!
昨年、ご好評いただいたうどん、今年もつくりました。
むすび農園で育った風味豊かな小麦をフスマごと製粉した
栄養たっぷりの「小麦の味がちゃんとする」うどんができました。
もちろん、農薬・化学肥料・除草剤は一切使っていません。
自然食品店などで見かける老舗の製麺所さんでつくっていただきました。
ざるうどん、温かい汁、焼うどん、パスタ風も美味しいです〜☆

<価格> 1袋(200g) 350円

<麺は2種類>
・中太麺(茹で時間約5−6分) 一般的なうどんの太さ
・太麺(茹で時間約10分) 平たい少し太目のうどん

・原材料名:小麦(長野県松本産)、塩(赤穂の天塩)
・製麺:金子製麺(神奈川県足柄上郡中井町)
製麺所は神奈川県足柄上郡にある明治十年創業の老舗製麺所、かねこ製麺さん。
小型製粉機や自然乾燥など、こだわりの製麺所です。
水は神奈川県足柄上郡中井町の水道水で、100%地下水を水源としています。
平成23年3月から現在まで、中井町の水道水から放射性物質は
一度も検出されていません(ゲルマ・検出限界値0.8前後)。
・賞味期限:2017年8月
・保存:直射日光、高温多湿を避けて保存。

お申込みは、麺の種類と数をお知らせください。

●じゃがいも、販売開始です!
5キロ 2000円、10キロ 4000円 (+送料)

冬まで食べれます☆
じゃがいもは、いろいろな種類があります。
種類のご希望をうかがうこともできますし(売り切れの場合は変更をお願いします)、
おまかせもできますし、3種類のミックス(レッドムーンとあと2種類)もおすすめです。
 ・レッドムーン(皮が赤く、果肉が黄色。甘み強く少しホクホク)
 ・北あかり(芽が赤く、甘くてホクホク)
 ・とうや(黄色で美味しい、煮崩れしにくい)
 ・マチルダ(なめらかな舌触りと上品な甘み)
 ・とよしろ(ホクホク系で貯蔵に強い)

じゃがいもは、土中の虫により、小さな穴が複数あいていますが、
芽と同じように削って召し上がってください。
その分、少し多めにいれさせていただいています。
ご贈答も承ります。

●玉ねぎ、好評販売中です☆
長期保存できます。カレー、肉じゃが、シチューなど、
万能の玉ねぎです。
<価格> 5キロ2000円、10キロ4000円 (+送料)

●送料 
10キロまで 長野県660円、関東・南東北・北陸・中部・新潟700円、関西770円、
北東北800円、中国900円、四国1000円、北海道・九州1200円。
15キロまで 上記に+50円



●お申し込み
FBのメッセージで以下をご連絡ください。

お名前:
〒:
ご住所:
お電話番号:
メールアドレス:

うどん中太麺:  袋
うどん太麺:   袋
じゃがいも:   キロ(種類:         )
玉ねぎ:  キロ

なにかご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
発送まで1週間〜10日ほど、お時間をいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

むすび農園  阪本瑞恵
メール musubi@kni.biglobe.ne.jp (←@を@に直してください)
posted by むすび農園 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園お知らせ(縁農・販売) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする