2015年10月28日

むすび農園の写真展、行ってきました☆

カメラマンの内田民子さんが、畑の作業をしながら、1年を通して撮ってくださった、むすび農園の写真。
同じ中山にある松川パン商店さんで、写真展を開催されているので、夫婦で見にいってきました☆

IMGP3071.jpg
赤いドアが目印。とても美味しいパンで、作業後のスタッフのみんながよく作業着でお邪魔しています。


IMGP3075.jpg
松川パン商店の松川さんと、おいしいパンのみなさん。
松川家とは、こどもの保育園が一緒なのですが、父母の定例会で園の歴史を話してくださったとき、あまりに面白くて「本当にパン屋?」というつっこみがでていました。笑。

IMGP3074.jpg

IMGP3078.jpg
内田さんの写真は、いつもあったかくて、幸せがあふれるような、素敵な写真ばかりです。
いつも鼻をたらしていたり、どろだらけの子ども達も、なんてかわいいんだろう!
見たことある人ばかりパネルに写っていて、私にはそれまた不思議な感じです。
農家なので、出荷しない冬越しの人参のアップなどは、「ひゃー」と恥ずかしいのですが、
生命力あふれる写真に、感動。貴重な体験をさせていただきました。
週末に娘も連れて行ってあげよう〜。

まだしばらく開催しています。よかったらお立ち寄りください。
(瑞)

* Arietta photo office 写真展 " Musubi Farm " *
日時:2015/10/24 〜 11/8 〈 7:00-18:00 〉
    (木曜日&第1水曜日はお休み)
場所:松川パン商店
(松本市中山5594。自動販売機が並んだ花村商店さんのすぐ横。
緑の壁に赤い扉が目印です。)
posted by むすび農園 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

ブルーベリー摘み&川遊び

7月20日はスタッフのみんなでブルーベリー摘みと川遊びに行ってきました。

むすび農園と同じ松本市中山地区にある、「ちえのわ農園」さんのブルーベリー畑。
gohukuji1.jpg
おいしいね〜。大人も子どもも夢中になって採りました!無農薬なのもうれしい。

gohukuji2.jpg
ちえのわ農園の菅谷夫妻です。美人で素敵な奥様と、とってもおもしろいご主人でした!

ブルーベリーでおなか一杯になると、近所の牛伏川に移動。
gohukuji7.jpg
今日は松本市内は34.4℃で暑い日でしたが、ここは涼しくて気持ちよかったね。
↑阪本家のたまちゃんも人生初?川を堪能しました!抱いているのは母親ではありませぬ、複数いる自称ばぁばがいつも我先に抱っこ・・・みんなでみんなの子育て〜な空気が素敵!)

gohukuji4.jpggohukuji3.jpg
恒例の持ち寄りランチ。各家とも、自ずとむすび野菜がメインに。豪華ですねえ。
本日一番のヒットは、豪華な重箱に敷き詰められた、生きゅうり!(笑)by瑞恵さん。

gohukuji8.jpg
↑こちらは、小学生2人と年中以下の園児たちによる「だるまさん転んだ」。
・・・いや、「だるまさん転んだ」風のかけっこ??
園児はひとりもルールを理解せず(笑)。でもものすごく楽しそうに、一応はかけ声に合わせて走ったり止まったりしているのです。
ゲーム続行に苦労した末、あきらめの心を学んだ小学生2人でした。

gohukuji6.jpg
↑ロープをはってこんな遊びも。

農繁期の、楽しい休日の報告でした〜。
(ちなみに考司さんは、この前後にもみっちり農作業に励んでいたのでした。)
(たま)
posted by むすび農園 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

田んぼの除草 その2

田んぼの草取り、その後です。

前回紹介した「チェーン除草」では草取りが追い付かなくなってきたので、田車で除草しています。
↓田車ってこんなの。いろんな道具があるもんだねえ。
taguruma4.jpg
taguruma3.jpg
田車の車輪でゴリゴリ雑草をかき回しながら、苗の列の間を進んでいきます。
力とコツが要ります。
途中、田車の柄がボキッと折れるハプニングもありました・・・

taguruma2.jpg
↑我らが畑班の仲間、ほりがねえさん。とんぼ玉職人です。「松本おかんの会」を主催したり、行動力があって芯の一本通った素敵なおかあちゃんです。

一枚の田んぼに午前中いっぱいかかりました〜。
お疲れ様!! (たま)
posted by むすび農園 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

田んぼの除草

チェーン4.JPG
この道具はいったいなんでしょう??

正解は、田んぼの除草をする道具。むすび農園の瑞恵さんの手作りです。
(↑実は瑞恵さん、大工仕事も得意ナノデス)
通称”チェーン除草”と言います。

田んぼのあっち側とこっち側に一人ずつ立って、交互に引っ張り合うことで除草します。
今回チェーン除草を担当したのは、スタッフの中村さんと湯川さん、そして中村家のゆづきちゃん(5才)。
チェーン1.JPG
チェーン2.JPG

田んぼに浸かったチェーンが、小さい草を抜き、泥をかき回すことでさらに草を生えにくくするのです。草が小さいうちに1〜2週間に一度程度除草に入ることで、その後の草の生え方も抑えられるという仕組み。
今年はチェーンで入るタイミングを少しばかり逃してしまったとのことで、今後はチェーンでの除草は難しそうだ、という中村さんのお話でした。

他の二人からは、
ゆづき「長いひもを一生懸命引っ張ったら手が真っ赤になったよ」
湯川「とにかく腹筋と二の腕が鍛えられるね!」
との感想をいただきました〜。(たま)


posted by むすび農園 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

草・草・草

梅雨時期は野菜がぐんぐん伸びる季節・・・っていうことは、草もぐんぐん伸びる!
刈っても刈っても追いつかない!
マルチの周りの草取りは、最初は三角ホー(刃が三角形の形をした鍬)でガリガリ土を削るのですが・・・

a.jpg
↑数日手を付けないだけであっというまにジャングルです。草が大きくなると三角ホーでは歯が立たず、鎌の登場。写真はショウガの列。結局、鎌でも間に合わなくて、この日はマルチ際だけ時間内でがんばり、残りは刈払機にお任せすることに・・・

b.jpg
1m進んだだけでこの量。
うひゃー。

1日にできることは限られているので、優先順位を決めて作業していかねばなりません。
段取りはもちろん、阪本夫妻のお仕事。

この時期は草とりがメインの作業になります。
ひたすら黙々と刈っている時間はなかなか楽しいのです。

c.jpg
↑草をとり終ったサトイモの列。
(たま)
posted by むすび農園 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

田植え

予定より一週間遅れて田植えを行いました。
naetori.jpg
田んぼに作った苗床からの苗採りから始まります。
ヒエなど草から苗を選り分ける作業…これがけっこう時間かかるのです。

植えるための線引きは、山田さん(通称やま)の役目。
毎年、田んぼの作業に必ず来てくれる、阪本夫妻の旧友です。
e.jpg

採った苗は一本ずつ植えていきます。(普通は数本まとめて植えます)
苗床で育った苗は、惚れ惚れするくらいものすごく立派なのです。アップで写真撮らなかったことを激しく後悔・・・
d.jpg

子どもも大人も家族総出での作業です。

もちろん、田植え恒例のカエルとオタマジャクシ探しも。
i.jpg

お昼は、遠足気分!
c.jpg

こちらはお姫様気分!
h.jpg
ロングヘアー(=服)をヘアバンド(土まみれの靴下!笑)でしばってうっとりする2人。
g.jpg
↑後ろからの図。

こちらは泥団子の干し柿。
a.jpg

それぞれいろんな遊びを楽しんでいました。小さい子どもたちは小学生や高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらい、まるで保育園のようでしたね。
b.jpg
posted by むすび農園 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

畑の様子〜もうすぐ出荷が始まります

hamono.jpg
↑準備万端の葉物たち。

ninjin.jpg
間引きにんじんです。
ninjin2.jpg
一足先に・・・いただきま〜す。香り高くて甘〜い!
葉っぱはしょうが醤油で炒めてふりかけにしたり、てんぷらにすると美味なのです。
(参考:むすび農園農家レシピにはにんじんレシピ満載です)

瑞恵さんは、まだおんぶできない次女(たまちゃん)を抱っこしての作業!
tama2.jpgtama.jpg

nasu.jpg
先月定植した夏野菜もぐんぐん大きくなっています。(そして草もぐんぐん!これからは草取り作業三昧の季節。)
写真は、ナスの間に虫除けのマリーゴールドを植えているところです。いろんな工夫があるもんだねぇ。(たま)

posted by むすび農園 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

定植

畑では夏野菜の苗の定植が始まっています。

こちらはGW中、ズッキーニ定植の様子。
写真はむすび農園のめぐちゃんです・・・夏のような日でしたが、不思議なファッション。流行りなのでしょうか。
2.jpg
マルチに穴を空けまして、

4.jpg
ポットから慎重に取り出しま〜す。

3.jpg
土はちょうどいい深さに掘らないとね。

5.jpg
優しく苗を置いて

6.jpg
マルチをかぶせるように土で覆います。

大人顔負けなくらいてきぱき作業してくれました。4歳でもしっかりできるもんですね。

9.jpg10.jpg
まだまだ遅霜の心配があるのでトンネルも張らないといけません。

一方こちらは・・・
8.jpg
唄を歌ってまったりしています。


なかなか雨が降らないので、ハウスで待機中の苗も多数。
雨よ降れ〜。

たま
posted by むすび農園 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

日本ミツバチ、巣箱にはいるかな〜?

ついに!!日本ミツバチが我が家に来てくれそうな気配!!
巣箱を置き始めて、3年目。
日本ミツバチが来るなんて、夢のまた夢だ・・・
と昨年あたりは心の中で来てくれるのをあきらめたのに、まさかの到来。

これはひとえに、今年のミツバチリーダーかよさんの情熱です。
アルプス市場に「キンリョウヘン(女王蜂と同じにおいを出す花。蘭の一種で高価!)はいってますかー」と何度も通い、「キンリョウヘンの人」と認識してもらい、よい株を購入。
新しい巣箱を1つつくり、昨年までの巣箱も補修。
ブンブンの会のAさんにも設置場所やミツロウ塗りをご協力いただき、先日巣箱を設置(今年は6箱)。
風のこない場所がいいよ、巣箱が動かないように重い石をのっけないとなど、
日本ミツバチの好む条件をいろいろアドバイスいただいた。

そうしたらなんと、今日の午後、20匹ほどのミツバチが
我が家の裏庭の巣箱とキンリョウヘンのまわりをブンブン!
IMGP2832.jpg
写真では見づらいですが、ミツバチが巣箱を出たり入ったりしています。
全員がやってきて、新しい家を観察し、全員が納得したら
女王蜂と共に引越ししてきてくれます。
分封郡がきたら、黒いかたまりがくるようで、すごいそうです。

どうかどうか、うちの巣箱に入る気になってくれますように〜!
分封郡が見れますように!
お天気のよい、風のない日が分封日和です。
こんなにドキドキしたの、久しぶりです。
ミツバチさん、この興奮をありがとう。
posted by むすび農園 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

むすび醤油づくり スタート!

自分達の麦と大豆で、醤油が自給できればいいなあ、とは思っていましたが、
ついに今年からスタートすることになりました。
出産もあったので、「え、今年?やるの?」とはじめは腰が重かったのですが、
やりはじめたら面白くて、かなりはまっております、醤油づくり。
いろんな方に教えを請い、支えていただき、ようやく醤油仕込みができました。

IMGP2765.jpg
丁寧に煎って砕いた麦の上に、煮大豆をのせ、また麦でサンドイッチします。
温度が40度まで下がったら、麹菌をふりかけ、混ぜあわせます。

IMGP2775.jpg
できるだけ均等に量を箱にのせ、室にいれて室温28度で管理。
だんだんと品温があがり、品温40度まで達したら、2回手入れ。
上手くいけば、あとはゆるやかに品温はさがっていき、70時間後に出麹です。
と書くと簡単そうですが、約4日間にまたがって温度の調整や上がり過ぎないように見たり、
うちの生後3ヶ月の娘よりは少々手がかかります。
その分、胞子ができてきたときには、「あー、かわいい」と面白さがフツフツとわきでてきます。

IMGP2789.jpg
めくると深緑の胞子がたくさん。豆の中心までちゃんと茶色くなっています。醤油麹、完成です。

IMGP2794.jpg
塩切り。塩と混ぜます。

IMGP2797.jpg
汲んできた湧き水と混ぜます。

IMGP2798.jpg
育苗ハウスの一角に醤油部屋を作成。
あとは、塩が溶けるまでは3日に一度、それからは月に1度、天地返しをしていけばいいだけです。

手前醤油、きっと美味しい美味しい醤油ができるのではと、
今から楽しみにしています。1樽で1升瓶30本くらいとれるそうです。
醤油絞りの日は、手打ちうどんに、生醤油かけて食べたいなあ!

今回、木曽のMさん、安曇野のMさんにとてもお世話になりながら教えていただいた醤油づくりは、長野県の醤油師の岩崎さん、そしてその師匠の萩原さんのやり方を学ばせていただきました。
とはいえ、醤油作りは深くて、まだわからないことだらけです。菌界・・・・。

醤油づくりのわかりやすい記事があったので、ご興味ある方は、こちら
http://medaka-yoko.seesaa.net/article/138197298.html

(み)
posted by むすび農園 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする