2017年10月19日

貯蔵野菜・加工品 販売のお知らせ 2017年秋〜冬

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
むすび農園  貯蔵野菜・加工品販売のお知らせ
−−−−−−−−−−−−−転送歓迎です−
今年から販売開始のお米、定番の人参ジュース。
甘いと好評いただいている、たまねぎ&さつまいも。
むすび農園の看板娘、人参。
ホクホクじゃがいも。
収穫の秋、食欲の秋、
冬に向けて貯蔵開始の秋。
たくさんの美味しいお知らせです☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●さつま芋、玉ねぎ、人参、じゃが芋 販売します!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・さつまいも  ・玉ねぎ  ・にんじん  ・じゃがいも
各野菜の詳細は、メールの下の方をご覧ください☆

<価格> 全て 400円/kg
10キロ 380円/kg (4000円→3800円)
20キロ 360円/kg (8000円→7200円)
30キロ 340円/kg (12000円→10200円)
40キロ 320円/kg (15000円→12800円)
50キロ 300円/kg (20000円→15000円)
・(例)1回のご注文で人参10キロ、玉ねぎ10キロの場合→360円/kg。
・各種類、5キロ単位でお受けします。
・すべて農薬・化学肥料不使用、肥料は米ぬかのみです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●むすび農園のお米、販売開始です!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
信州の寒暖差で育った、自然の美味しさのつまったお米です。今年の新米が、無事に収穫できました。機械乾燥ではなく、ハザ掛けで天日で自然に干したお米です。肥料は米ぬかのみ。もちろん、農薬化学肥料は一切不使用。モミで生きた状態で保存しており、出荷直前にもみすり・精米してお届けします。品種は「こしひかり」です。
<玄米> 700円/kg
<分付き・白米> 750円/kg
・新米をお届けします。
・単発も、定期注文(毎月10キロなど)もできます。
・単位 5kg・10kg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●むすび農園のにんじんジュース 好評販売中です☆
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
雄大なアルプスに囲まれた豊かな自然環境と寒暖差の中で
元気いっぱいに育った、むすび農園のにんじん。すりおろしたにんじんの甘みをお楽しみください。自然の恵みがたっぷりつまった「飲むにんじん」ジュースです。小さなお子さんにも大変ご好評いただいています。体調不良時の水分補給として買い置きされている方も。熨斗つきや、ご贈答も承ります。
<2種類>
人参ジュース(りんごミックス) 1本(1L) 1000円
人参ジュース(人参100%) 1本(1L) 1600円
・3本、6本、12本用の箱があります。
 持ち帰りは1本から、郵送は3本からになります。
・1箱に2種類のジュースをいれることもできます。
・原材料名:にんじん(長野県松本市)、
 りんご(長野県上伊那郡)、酸味料(クエン酸)。
 人参100%の方は、りんごは入っていません。
・ジュース製造所:長野県飯田市
・賞味期限:2019年3月22日 直射日光を避けて常温保存

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●各野菜の詳細
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●貴重な信州産「さつまいも」
今年も、さつまいもの季節がやってきました。甘みのある、しっとり系の「紅はるか」という種類です。蒸かし芋、大学芋や、スイートポテト、焼き芋。サイコロにして蒸しパン、さつまいもご飯、味噌汁の具や、豆乳味噌スープに入れても合います。千切りにしてキンピラ。レモン汁と粗糖少々と煮ても。つぶして、粗糖とまぜて、きんときも。にんじんとかき揚げも。サラダにもどうぞ。
<保存方法>
寒さに弱いので、新聞紙にくるみ、ダンボールにいれるなど
保温して、あたたかい部屋の片隅に保存してください。常に10度以上の部屋なら何もしないでも春までもちます。掘りたてよりも、置いておくほどでんぷんが糖化して甘くなります。まるごと蒸かして、スライスして干して、干し芋にすれば多少保存できます。
※大きいのから小さいのまで入ります。ご了承ください。
※土壌消毒を行っていない為、芋類は小さい黒い点々の虫食いが
多少あるのもありますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。じゃがいもの芽をとるように、とっていただければ問題なく使えます。

●甘くて美味しい「玉ねぎ」
甘みと味も濃く、お料理も美味しくいただけます。長期保存に優秀ですので、まとめ買いがおすすめです。カレーに、煮物に、炒め物に、肉じゃが、ドレッシングに、オニオンフライ、蒸し玉ねぎなど、万能の玉ねぎです。
<保存方法>
我が家では段ボールにいれて、常温(凍らない場所)で春まで保存しています。首回りが柔らかくなってきたものから適宜食べています。外がやわらかくなっても、むけば中は食べられます。
春になって芽がでてきたら、植えれば葉玉ねぎに。
※皮の間が黒くなっているものがありますが、洗えば落ちます。
※しわがよっているものがありますが、貯蔵には問題ありません。

●むすび看板娘「にんじん」
むすび農園の看板娘。甘みと香りが強く、みずみずしい人参です。カレー、シチュー、サラダ、にんじんステーキなど、とても重宝するにんじん。ジュースなどで飲まれる場合や、貯蔵用にも。
<保存方法>新聞紙で包み、余分な水分を吸収させて、
乾燥させないようにビニール袋などにいれて、冷暗所で保存します。うちでは、泥つきのにんじんを、新聞紙をしいた大きな袋にいれて、冷蔵庫の野菜室で保存し、1ヶ月ほど食べています。

●ホクホク味わい「じゃがいも」
冬になって地元の野菜が減ったときなど、なにかと重宝するじゃがいも。皮ごと炒めて味噌煮にしたり、じゃがバター、揚げてジャーマンポテト、すりおろしてチヂミに。バジルソースといっしょにポテトサラダ、千切りで焼いてハッシュドポテト、フライドポテト、ホクホクコロッケ、カレーやシチュー、豆乳と塩でビシソワーズも。
<保存方法>ダンボールなどにいれて、全く光があたらないようにし、常温で。春には皮がしわしわしてきますが、だんだん甘みが増して美味しくなります。芽がでたら適宜、とります。芋の種類は、おまかせください。
※土壌消毒を行っていない為、芋類は小さい黒い点々の虫食いが
多少あるのもありますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。じゃがいもの芽をとるように、とっていただければ問題なく使えます。
※今年は量があまりないため、早めに終了する可能性があります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●お申し込み方法
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
musubi@kni.biglobe.ne.jp までお申込みください。
・米 <玄米・分付・白米     キロ>
   <定期注文:毎月    キロ>
・さつまいも <  >キロ
・玉ねぎ <  >キロ
・にんじん <  >キロ
・じゃがいも <  >キロ
・にんじんジュース りんごmix<  >本
 にんじんジュース りんご100%<  >本
・お渡し方法 <来園・配達・宅急便>
・お名前
・〒
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●お渡し・送料
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・来園:無料
・配達:市内近郊250円
・宅急便
<〜10キロまで>
長野県660円、関東・南東北・北陸・中部・新潟700円、関西770円、
北東北800円、中国900円、四国1000円、北海道・九州1200円
<〜15キロまで>
上記送料+300円
プレゼント、お中元、お歳暮、内祝なども承ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
〜心と身体が喜ぶ野菜〜 むすび農園
信州の有機農家です。農薬や化学肥料を使わずに
野菜やお米を育てています。肥料は植物性のみ。
笑顔がひろがる新しい形の参加型農園です。
むすび農園ホームページ http://musubifarm.org/
〒390-0823 長野県松本市中山3504-2
メール musubi@kni.biglobe.ne.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by むすび農園 at 04:46| 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

稲刈り

今年から田んぼ面積が広くなったむすび農園。
3枚のうち、2枚はすでに稲刈りが終了して、只今、天日干し中です。

稲刈り.JPG

アルプスをバックに、だーっと一列はざ掛したお米が並んだ様子は壮観です!
これでいったい何杯分のご飯になるのかしら〜と、
想像するだけで幸せ♪(お米好きの妄想)

お天気次第で、最後の1枚の稲刈りと、脱穀の続きをやる予定です!




posted by むすび農園 at 11:25| 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

9/19 今日の野菜セット内容

IMG_20170919_114445.jpg

今日の野菜セットは、モロッコいんげん、ピーマン、ナスかきゅうり、水菜、ルッコラ、小松菜、
じゃがいも、トマト、ミニトマト、カボチャ、青ナスかズッキーニ、にんじん、にんにくです♪
posted by むすび農園 at 11:50| 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

今日の野菜セット 9/8

今日の野菜セット内容です☆
-20170908122727248004_20170908161351.jpg
モロッコインゲン、青ナス、ナス、ピーマン、パプリカ、大玉トマト、中玉・ミニ・マイクロトマト、ゴーヤ、きゅうり、ズッキーニ、にんじん、じゃがいも、タマネギです。



posted by むすび農園 at 16:15| 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

ミツバチの巣箱交換

本日、ミツバチの巣箱クリーニングを、ミツバチリーダーのかよさんと一緒に行いました。

日本ミツバチの群れの元気が急に少なくなったように感じて、
昨日巣箱の中を確認したところ、なんとスムシ発見。
そのままにしておくと、全滅するそうなのです。
大急ぎで、今日は一番下の巣箱の交換。

ほうきのようなもので、下を掃除するのでも良いのですが、
ミツバチは、ほうきでの掃除はあまり好きではないとのことで、
下をまるごと交換します。

20170823103836018.jpg

置いてあった場所から、一旦手前に移動してきたところ

一番下の箱をつないであるガムテープをはがして、
あたらしい箱の上に設置。
前の箱の下には、直後はミツバチがたくさんいますが、
「あれ?オレ、巣の中にいたはずなのになあ。帰るか。」てな感じで
すこしづつ、巣の中へもどっていきます。
20170823103823182.jpg

さすがに巣の交換となると、ブンブンとミツバチが飛び交い、
良かった、思ったよりいた〜、とホッとしたのでした。

一時期、かなりの大群になり、もう安泰かと思いきや、
暑さで巣が落ちて、蜜がもれて、スズメバチが襲ってきたり、
巣箱が暑すぎて一時期は野外で寝るようになったり、
スムシにやられていたり、
今朝も日本ミツバチを肉団子にして持って帰ろうとするスズメバチを1匹みかけました。
人間が保護している環境下でも、こんなにいろんなことが。
自然界で生きるというのは、毎日毎日、精一杯生きるということなんだなあ。


(瑞)


posted by むすび農園 at 10:38| 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

料理教室のご案内「季節を味わう料理教室 〜野菜料理を毎日の食卓に〜」

むすび農園 × Giving tree
 季節を味わう料理教室 〜野菜料理を毎日の食卓に〜

runch box & yasai.jpg

 無農薬でお日様をたっぷり浴びた旬の野菜は、味が濃くてとっても美味しいです。そんなむすび農園の味の濃い野菜たちの魅力を最大限に引き出した料理を、農園スタッフも大ファンの料理家、Giving tree の大沢瑠美さんに学ぼう!という企画です。
  野菜料理を手軽に日々の食卓に取り入れ、家族も喜ぶ彩り豊かな食卓の秘訣やコツを、大沢さんからたくさん教えていただきます。
 むすび農園では、農薬や化学肥料を使わずに育てた、旬の野菜10種類以上を箱に詰めてお届けしています。今回はその「むすび野菜セット」をまるごと使ってお料理。様々な種類の旬の野菜の扱い方が学べますよ。
 また料理教室に参加して頂いた方に後日、むすび農園の野菜セットをご用意します。料理教室で学んだお料理&新鮮な旬の野菜を、ご自宅で楽しんで頂けたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
概要
【日時】 8月7日(月)10:00〜14:00
     ※ランチ付き

【場所】 株式会社 Rooms (レンタルキッチン)
  〒399-0004 長野県松本市市場4-9 Rデザインコート2A
   国道19号総合団地信号を南西へ500m
   油そば かとむら 隣2階
   http://roomsinfo.wixsite.com/rental/blank-5


【定員】10名 (※子連れ可 ランチは大人一名様分となりますのでご了承ください。お子様用の食事は持ち込み可能です。)

【参加費】5000円
※むすび野菜セット(10種類前後の旬の野菜セット。2500円相当)が参加費に含まれています。後日ご希望の日にお渡しします。

【持ち物】 エプロン・三角巾・筆記用具

【お申し込み】
下記URLの参加フォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/et3X6o

【お問い合わせ】
むすび農園
メール musubi★kni.biglobe.ne.jp (←★を@に直して下さい)
電話 07050821777 (担当・原田)
むすび農園HP http://musubifarm.org/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講師プロフィール

大沢 瑠美 (おおさわ るみ)

「Giving tree」主宰、料理家、ヨーガ講師。
毎日の暮らしを、より豊かな気持ちで過ごしてゆくためにできること、松本を拠点として、自然の恵をいただくお料理や天然酵母パン作り、トラディショナルなハタヨーガを伝えるクラスを行う。
2016年より、県立こども場合病院へ付き添いご家族のためのランチボックスのプロジェクトに参加。料理を担当している。「つくる、つたえる、よりそう」これらのことを大切に活動中。
posted by むすび農園 at 09:21 | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

2017/6/30 今日の野菜セット

image1.JPG

●キャベツ:キャベツができると食べたくなるのが千切り。バリバリと食べると、キャベツの美味しさを感じます。さっと蒸して、ゴマ味噌和えや、酢醤油も。無農薬では難しいキャベツ。青虫が大好きなので、ほっておくとレースになります。多少の虫食いなど、ご理解のほどよろしくお願いします。
●スティックセニョール:冷蔵保存&早めにどうぞ。ブロッコリーの親戚で、同じように使えます。茎も食べれます。茎ごと炒めるとアスパラ風で美味しい。
●グリーンピース(えんどう豆):初物。生でも甘いので、畑から家に帰るまでになくなってしまう勢いのグリーンピース。マメご飯に。初夏の味ですね。
●スナップえんどう:同じく初夏の味。すじをとり、さっとゆがいてサラダやいろどりに。
●玉ねぎ:辛味が少なく、甘くてやわらかいので、生のままでもどうぞ!
●にんじん:大きくなりました。年中使う人参。いろんなお料理でぜひ活用してください。人参の旬は秋冬ですので、味と香りは秋冬をお楽しみに!
●赤大根:色がきれいです。おろしや、きんぴらにしたり、大根餅にしても。厚めに切って煮もので食べて、飽きたら煮たのを焼いて大根ステーキにしたり、揚げても。葉は刻んで炒めて、すりごまと醤油でふりかけも。
●ズッキーニ:茄子と同じような感覚で皮ごと調理できます。1センチくらいの輪切りにして、ニンニクでソテーして塩コショウ、バター醤油で炒めたり、紫蘇とフライにしたり、カレーに入れたり、野菜スープにも。醤油だしで紫蘇と煮ても)
●小松菜:お浸しや、汁の実などどうぞ。胡麻和え、白和え、海苔しょうゆ和えも。炒めて中華風も。
●小葱:ネギのない時期用に小葱をつくってみました。ネギやき、お好みやき、薬味にどうぞ!

〜今日のありがとう〜
●ラディッシュ:スライスして塩もみして、サラダやお漬物に。我が家では、四つに切り、塩もみして半日おき、甘酢に半日つけて食べます。彩りもよく、カリカリ美味しいです。梅酢づけも美味。油で焼いて、お塩でたべて、ステーキ風も美味しい。切って豆乳シチューに入れても色がきれいです。
●小カブ:有機のカブは甘くて美味です。生でサラダに、味噌汁の具、切って昆布と塩で浅漬けや、煮たり、ソテーして塩で。シチューやポタージュも。

posted by むすび農園 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

二ホンミツバチ便り


5月のGWに引っ越してきた二ホンミツバチたち。
元気な群れに成長中で、本日巣箱のマスを一つ追加しました。
スムシ対策で、一番下のマスと底も入れ替えたため、
全員が新巣箱の中に入るまで少し時間がかかりましたが、
少しずつ時間をかけて、新しい巣箱に馴染んでくれたようです。

新しいマスを足すときに、よいしょっと巣箱を持ち上げると
中からブンブンブンブンと、何とも神秘的な羽音が聞こえてくるのでした♪

ミツバチ2.jpg
★巣箱を持ち上げている図。ぎっしり感がすごかった。
女王蜂がたった一匹でこんなに生んでるってすごいなぁ。。。

みつばち1.jpg

巣箱を攻撃すると刺すことがあると聞いていたので、
少々ビビっていたリーダーでしたが(気づいたら私が一番の完全防備でした(恥))
二ホンミツバチは本当に攻撃性のない穏やかな性格です。
こどもたちは、案外怖がらずに手を出していました。
いつか手に乗ってきてくれるほどの信頼関係を築けたらいいなぁ♪

かわ


posted by むすび農園 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

収獲だより


6月から、むすび野菜セットの収獲&出荷が始まっています。

第一回目の収穫日(6/2)は、あいにくの雨。
でもその後に、こんなご褒美レインボーが見られました♪

幸先いいですね〜♪

かわ

虹.JPG
posted by むすび農園 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

二ホンミツバチがやってきました〜!

それにしても入らんなー。。。そろそろ入ってくれよー。。。
と、フラれっぱなしで情熱が途切れそうだった今年、
強力な助っ人が登場しました!

いつも、巣箱設置の時期になると、
絶妙なタイミングで助け舟を出してくださる、
ベテラン養蜂家のAさんという方がいらっしゃるのですが、
その方のご厚意により、Aさんが飼ってらっしゃる
二ホンミツバチの巣箱から分蜂する群れが入るよう、
巣箱を近くに置かせていただいたところ、
なんと、一箱に入ってくれたのです!
Aさんが、「ここに入れ〜入れ〜」と仕向けてくださったそうで、
本当に感謝感謝であります!

そしてその巣箱は、先週末、阪本家の裏庭にお引っ越ししてきました!

subako1.JPG
ミツバチが出たり入ったり忙しそうです。

まだまだ飼育が始まったばかりで、これからミツバチ一家に
ここが「我が家」と思ってもらえるよう、
定期的に巣箱をお掃除したり、蜜源が不足する時期には砂糖水を作って
給餌したりと、そんなお世話が始まります。
お世話に参加してみたいという方、大歓迎ですよ!

subako2.JPG
開けてみるとこんな感じになっています。
引っ越しした直後はストレスがかかっている上、
蜜源を見つけられない可能性があるので、砂糖水を置いてあげると良いのだそうです。

subako3.JPG
巣作りを始めているようです。

はちみつ舐めたいな〜とか、
ミツロウでクリーム作りたいな〜とか、夢は膨らむ一方です♪

かわ

posted by むすび農園 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑便り・農園便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする