2016年07月11日

原田家の晩ごはん☆7月

ある日のむすび野菜セットを使って晩ご飯をつくってもらう新企画!
野菜本来の味を生かした美味しい料理をつくる、原田ななちゃんのレシピをどうぞ〜。

今日の野菜セット(2016/6/24)はこちら!
IMGP3511-2.jpg

ステイックセニョール、グリーンピース、スナップえんどう、玉ねぎ&赤玉ねぎ、にんじん、大根、ズッキーニ、カブ、ラディッシュ、ロメインレタス、小松菜、水菜、小葱、フレッシュにんにくの14種類!おまけでケールも入ります。

IMGP3515.jpg
【玉ねぎステーキ】玉ねぎは軸をくり抜いて、1センチの輪切りにする。フライパンに油を熱し、美味しそうな焦げ目がつくまで両面焼く。(油が多い場合はキッチンペーパーでフライパンの油を拭き取る)同量の醤油・みりんで味付け。玉ねぎを焼く時ににんにくを入れても良いです。

IMGP3513.jpg
【大根餅】大根を15センチくらいすりおろす。上新粉をカップ1/2杯くらい、片栗粉スプーン山盛り2杯、干し海老ひとつかみ、白胡麻、小葱のみじん切り適宜、塩少々をすべて混ぜ合わせる。フライパンを熱し、小さめの丸型にして焼く。タレは酢醤油(ラー油)、からし醤油など、お好みでどうぞ。生地は少し固めくらいが形がまとまりやすいです。

IMGP3519s.jpg
【小松菜と厚揚げの炒め煮】厚揚げは熱湯をかけて油抜きしコロコロと切る。小松菜は3センチくらいに切る。(小松菜が大きめの時は短めに切ると良い)鍋にごま油を熱し、厚揚げを炒めてから小松菜も炒める。酒・しょうゆ・みりんで味を調える。味付けは気分によって、豆板醤を足して辛くしたり、みりんを入れずに出汁で煮たり、にんにく・酒・醤油・オイスターソースで中華風にしたりといろいろです。油揚げでも良いです。

IMGP3521s.jpg
【根菜サラダ】スナップエンドウは筋を取り、かぶ・二十日大根はくし型、人参は千切り、スティックブロッコリーは食べやすい大きさに切り、それぞれ茹でてから合わせ、ドレッシングで和える。ズッキーニは生でも食べられる。入れる場合は薄く切ると良い。原田家の定番ドレッシングは玉ねぎとにんにくのすりおろし、菜種油、醤油、酢、塩・胡椒(砂糖)で作ります。

IMGP3518.jpg
【グリンピースごはん】グリンピースはさやから出す。米2合を研いで、酒少々と塩小さじ1、昆布10センチ、グリンピースのさやを入れて普通に炊く。グリンピースは少量の湯で固めに塩茹でし、そのまま湯につけて冷ます。米が炊きあがったらさやを取り出しグリンピースを入れて混ぜる。豆が甘くて美味しいです。こだわる方は豆の茹で汁も米を炊く時に入れると風味が増すかも!

IMGP3525s.jpg
【ズッキーニのマリネ】1センチ弱の厚みに切ったズッキーニをオリーブオイルで焼く。塩・胡椒・白ワインビネガー(酢)をふって、しばらく寝かせる。冷やして食べる。

IMGP3523s.jpg
【水菜の梅おかか和え】水菜は茹でて3センチくらいに切る。梅干しを刻んだもの、おかか、醤油少々と水菜を和える。

※ロメインレタス→根菜を入れたコンソメスープに、最後にざく切りのロメインレタスを加えたらシャキシャキ感が残って美味しかったですよー! 

IMGP3503s.jpg
原田奈々(はらだ・なな) 宮城県出身1980年生まれ。学生時代に野良仕事の気持ちよさに目覚め、自給的な仕事の在り方や暮らし方を求めて2003年より茨城県にある有機農場にて研修、2010年までスタッフとして勤務。その後槍ヶ岳の山小屋バイトを機に松本に移住。出産までは保育園の給食のオバチャンをしていましたが現在は6カ月の娘とのんびり過ごしています。夫と一緒にむすび農園にお手伝いに行くことも♪。むすび農園の阪本さんご夫婦は茨城時代の友人ですが松本で奇跡の再会!!本当に嬉しいです♪♪

その他のレシピは http://oishiimusubiyasai.seesaa.net/ もどうぞ!(瑞恵)
posted by むすび農園 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439911026

この記事へのトラックバック